身体 冷え 美容

体の冷えは健康だけじゃなく美容にも大敵!

昔から女性にとって、「冷えは大敵」とよく言われます。若いうちは何が悪いのかよくわからずに、薄着をしたり冷たい物をたくさん摂ったり、体を冷やすことなんてあまり気にせず生活しがちだと思いますが、その影響は年とともに目に見えて出て来ます。

 

体の冷えは、病気はもちろん美容にも大きく関わってくるのです。
体が慢性的な冷えの状態になってしまうと、まず血流が悪くなることで関節痛や神経痛、頭痛などの症状が出てくることがあります。女性だと特にホルモンバラにも影響し、生理の不調や不妊にも繋がるので特に注意が必要です。

 

また、体温が下がると免疫力が低下し、病気への感染のリスクも高まります。なんと体温が1度下がると免疫力は30?40%も下がると言われています。決してたかが冷えと軽く見ていいものでは無いのです。

 

また、体の冷えの影響は内面だけでは無く、外面にも表れます。体が冷えて血行が悪くなると、くすみやクマ、顔色の悪化を招き、疲れた不健康そうな顔に見せてしまうのです。

 

チークを塗らないと老けヤツれた顔に見えやすくなることからもわかるように、顔色が明るいことって、本当に重要なことなんです。顔を若く美しく見せるには、まず血行を良くすることが必要です。

 

また、冷えは体型にも影響を与えます。体が冷えやすくなると、血行や新陳代謝の低下を招き、その結果太ったり浮腫みやすい体になってしまうのです。ダイエットを必死にがんばってもなかなか痩せることができない人は、こうした所にも原因があるのかもしれません。

 

とにかく冷えは百害あって一利無しです。冷えを知り、改善することによって、健康と美容を保つことにも繋がるのです。

 

体の冷えを解消する3つの方法

 

冷えを改善するには様々な方法がありますが、主に3つのポイントを意識して行なっていくとよいでしょう。

 

まず一つ目は、外から体を温めることが重要です。冷たい外気に肌を晒さず、しっかり保温することを意識しましょう。最近では重ねばき用の靴下や一年中着けられる腹巻など、冷え対策商品も豊富に販売されています。

 

そうした物を上手に取り入れて、冬場だけでは無く夏場も体を冷やさないように注意していくと良いです。

 

次に意識して行ないたいのは体を内側から温める事です。単純に冷たい飲み物や食べ物を取り過ぎないこと、温かい食べ物を意識して摂ることも大事ですが、何を食べるかといったことも重要になってきます。

 

食べ物には、体を冷やす作用がある物と温める作用がある物があります。体を冷やす食べ物は野菜で言うと、夏場に旬の物や土の上にできる物、色で言うと白・青・緑の野菜に多いです。

 

例を挙げると、レタス、キャベツ、キュウリ、ナスといった野菜になります。逆に体を温める野菜は冬場に旬の物で土の下にできる物、色で言うと黒・赤・オレンジに多いです。

 

ニンジン、れんこん、玉ねぎ、ニンニクなどは体を温める野菜になります。こうした体を冷やす食べ物と温める食べ物を知って、普段の食生活にぜひ取り入れてみてほしいです。

 

最後に、やはり冷え解消に効果的なのは適度な運動をすることです。何も道具を使ったりハードな運動をする必要はありません。ウォーキングをしてみたり、寝る前にストレッチをしてみるなど、日常生活の負担にならない程度でいいので習慣づけて行えるようにしましょう。

 

こうした対策を行うことで、冷えに悩まされることも減り、きっと健康で魅力的な体になることができるはずです。普段の生活にちょっと取り入れるだけでも違ってくるので、ぜひ意識して行なってみてほしいです。

ホーム RSS購読 サイトマップ